よくある質問

Bluetooth(ブルートゥース)

「Air Twins」をペアリングする方法は?

※最初にケース、イヤホン共に満充電になっているかご確認ください。

ケースからイヤホンを取り出すと、自動で電源が入り、
ペアリングモードになります。
そのまますぐに耳へ装着すると、イヤホンから「Connected」という音声が流れ、
その後に左右それぞれのイヤホンから「Right channel」「Left channel」というアナウンスが流れます。

あなたの端末(デバイス)でBluetoothをオンにして、デバイスリストの下にある「「Air Twins」」を探しタップして、接続済みになれば「Air Twins」は使用可能です。

※動画でも確認できます。

http://www.airtwins.jp/pairing/

イヤホンが端末(デバイス)に接続できないのはなぜですか?

Bluetoothがオンになっており、スキャンモードであることを確認してください。
 他のBluetooth機器が繋がっていたら、すべてお切りください。
また、イヤホンにバッテリーが完全に充電されていることを確認してください。

イヤホンは自動接続できないのですか?

「Air Twins」は一度登録したデバイスであれば、自動的に接続します。
イヤホンの電源をONにすると自動的にペアリングを開始します。再度接続したい場合は、Bluetoothデバイスリストの下で「Air Twins」を選択してください。

オートペアリングが動作しないのは何故ですか?

・「Air Twins」および再生デバイスの電源はオンになっていますか?
・「Air Twins」とデバイスとの距離は10m以内ですか?
・他のデバイスとBluetooth接続されていませんか?他のBluetooth機器が接続されている場合はすべてお切りください。
・Bluetoothのハンズフリープロファイル(HFPやHSP)を持たない
 一部のタブレットや音楽プレーヤーには、オートペアリングできないものがあります。これらの機種ではタブレット/音楽プレーヤーから接続操作を行ってください。

両方のイヤホンを必ずペアリングする必要がありますか?

いいえ、「Air Twins」は片耳のモノラル接続でも使えます。

2台の端末(デバイス)を同時に使えますか?

使えません。登録した複数台の機器をその台数だけ接続状態にし、同時に登録した機器を使用できる「マルチポイント」には対応しておりません

ペアリング後にイヤホンの片側からしか音が聞こえてこないのですが?

ステレオ接続される前にモノラルにて接続されてしまっている可能性があります。端末のデバイスリストから「「Air Twins」」を削除し、最初からペアリングを行ってください。

イヤホン同士のペアリングをリセットする方法はありますか?

あります。※最初に本体機器のBuletooth機能はオフにした状態で行ってください。
1.まず「Air Twins」左右のイヤホンの電源がオフになってることを確認してください
2.左右のイヤホンの電源ボタンを長押しします「PowerON」、「Pairing」というアナウンスの後に「ピッ、ピッ」というアラームが鳴りますがそのままボタンを押し続けます。
3.その後イヤホンから「Connected」、「Left Channel、Right Channel」というアナウンスが流れれば、リセット後に左右のイヤホンが正常に接続されました。
4.デバイスのBluetoohの「「Air Twins」」をタップし選択してください。

2つのイヤホンをそれぞれ異なる端末(デバイス)とペアリングすることはできますか?

はい、できます。それぞれのイヤホンは、異なる端末(デバイス)で独立してモノラル接続し動作することができます。ただし、2つのイヤホンが近すぎると、Bluetooth通信と音の干渉が発生する可能性があります。

よく音が切れます。

Bluetooth通信をスムーズにする為に、図のように着用を推奨します。

音声/通話

「Air Twins」で電話をかけることはできますか?

直近の電話番号にのみリダイアル可能です。「Air Twins」の電源ボタンを2回連続で押すと、直近で発信した番号にかけることができます。

電話にはどのように出る事ができますか?

電話がかかってきた時に着信音が鳴っているほうのイヤホンの電源ボタンを1回押すと、そのまま通話が可能です。

通話用のマイクはどこですか?

イヤホンの中に内蔵されています。

通話がメインチャネル(L)だけから可能なのはなぜですか?

スマートフォンに使用されるBluetooth技術はHFP(ハンズフリープロファイル)で、1チャネル(モノラル)のみをサポートすると定義されています。

2つのイヤホンをそれぞれ異なる端末(デバイス)とペアリングすることはできますか?

はい、できます。それぞれのイヤホンは、異なる端末(デバイス)で独立してモノラル接続し動作することができます。ただし、2つのイヤホンが近すぎると、Bluetooth通信と音の干渉が発生する可能性があります。

「Air Twins」の通話時間は?

最大3.5時間ほどとなっております。(通話のみの場合)※使用条件により異なります。

通話中、相手に雑音がひどいのは何故ですか?

道を走る車の走行音や街中の音、生活音などが通話相手に雑音として届いてしまっているようです。また、近隣に電波塔などがある場合は、電波干渉も考えられます。ノイズリダクション機能によりノイズの軽減はしておりますが、なるべく静かな環境でのご利用をお勧めします。

音楽

なぜボリュームが最大で再生されるのですか?また、ボリュームが時々変わるのは何故ですか?

「Air Twins」のイヤホンは、電源を切る前に端末(デバイス)で使用されている最新の音量レベルを保存します。「Air Twins」をオンにすると、各イヤホンは自動的に保存された最新の音量レベルを読み込みます。その為、突然音量レベルが上がってしまう認識になる場合がありますが、これは予期しない、または異常な音量の変化ではありません。
この現象を抑えるには、ボリュームを下げた状態で「Air Twins」 イヤホンの電源を切り、再度ペアリングを行ってください。

どのくらいの時間使えますか?

連続通信(音楽再生を含む):最大3時間 ※使用条件により異なります。

よく音が切れます。

Bluetooth通信をスムーズにする為に、図のように着用を推奨します。

受信範囲はどれくらいですか?

Bluetooth バージョン4.1に対応しています。約10m以内で快適にお使いいただけます。

音質

音声や音楽がよく切れて聞こえることがあります

Bluetoothは2.4GHz帯の電波を使用しているため電波が回り込みにくく電波障害になるものがあると通話や音楽が途切れる場合があります。例えば、スマートフォンは左胸ポケット、Bluetoothイヤホンマイクは左耳にしていて両者がごく近い距離にある場合でも、人体も電波障害の原因となりますので、顔の向きによっては途切れる現象が生じることがあります。
また、スマートフォン使用の場合はWi-Fi設定をOFFで使用してください。Wi-FiはBluetoothと同じ周波数帯を使用しているため、Bluetooth機能に影響を与えます。Wi-Fi接続していなくてもONになっているだけで通話音声や音楽が途切れて聞こえる場合があります。

通話中、相手に雑音がひどいのは何故ですか?

道を走る車の走行音や街中の音、生活音などが通話相手に雑音として届いてしまっているようです。また、近隣に電波塔などがある場合は、電波干渉も考えられます。ノイズリダクション機能によりノイズの軽減はしておりますが、なるべく静かな環境でのご利用をお勧めします。

その他

「Air Twins」は防水ですか?

いいえ。「Air Twins」は防水ではありませんので、水濡れにご注意下さい。

イヤホンの電源が入らないのはなぜですか?

バッテリー不足の可能性があります。または、ボタンが浮いていないか確認して下さい。

イヤホンを充電できないのはなぜですか?

バッテリー切れの可能性があります。
 または、イヤホンの内側や、バッテリーケースの内側に埃や耳垢が溜まっていないか確認してください。バッテリーケース内のマグネットの接点とイヤホンの接点がしっかり接触していないと充電できません。また、マグネットの接点部分に汚れがあると、充電ができなくなる可能性があります。よくメンテナンスする事を推奨します。

「Air Twins」のバッテリー寿命はどのくらいですか?

約2年間となります。(毎日1回、満充電と完全放電をした場合)※使用条件により異なります。

損傷した充電バッテリーケースの交換品を購入することはできますか?

現在準備中です。

紛失したイヤホンの交換品を購入することはできますか?

現在準備中です。